日本人事労務コンサルタントグループ

電話でのお問い合わせはこちら

TEL052-589-2359

9時~18時(土・日・祝 除く)

セミナー情報

社労士の活躍が求められる新領域 ニーズが高まる社労士の「社外役員」就任、その業務内容と将来性

受講受付終了いたしました。
お申し込みの方には、2月25日14:30~15時頃に受講用URLを送付しております。
案内メールが迷惑メールボックスなどに振り分けられてしまうことがありますので、未着の際は迷惑メールなど受信ボックス以外の場所もご確認の上、事務局までお問合せください。

セミナーの内容

LCG社外役員セミナー
社労士の活躍が求められる新領域
ニーズが高まる社労士の「社外役員」就任、その業務内容と将来性
~社外役員(取締役・監査役)として活躍する先駆者たちの事例から学ぶ「新たな活躍の場」


近年、上場企業等の社外役員(社外取締役・監査役)に就任し、役員という立場から企業の支援を行う社労士が増えています。
2015年に施行されたコーポレートガバナンス・コードにより、上場企業は監督機能強化の観点において一定数以上の社外取締役を選任することを求められています。そして今後、その改定により更なる社外取締役の増加が求められる方向となっています。また、働き方改革が推進され企業における人事労務管理の重要性が高まる中、社労士が社外役員就任を求められるケースが増加しています。
そこで今回、社外取締役に関するセミナー講師を数多く手がけられている野中健次氏(社会保険労務士法人 野中事務所 代表社員)を中心に、上場企業の社外役員を経験されている3名の社労士のみなさんを講師としてお迎えし、社労士の新たな役割である社外役員という仕事の実際と今後の将来性について取り上げるセミナーを開催します。
本セミナーで登壇いただく社会役員経験者の3名は全員が女性ということを見ても分かるように、社外役員はダイバーシティの観点から女性の活躍が特に期待されている分野です。また、講師の一人である宇佐美理世氏は山口県で社外監査役に就任されていることからも分かるように、この分野のニーズは首都圏だけではなく、地方にも存在しています。
今回のセミナーを通じて、性別や地域に関係なく多くの社労士にとって新たな活躍の場となる、社外役員という仕事について考えるきっかけにして頂ければ幸いです。

※社労士事務所のお申し込みは1事務所単位となります(視聴端末1つまで)。
※社会保険労務士以外のみなさまもお申込みいただけます。社労士事務所以外のお申し込みは、1名単位での受講となります。


【第一部】 講演 13:30~14:30
社外役員としての社労士の可能性
~社外取締役が求められる背景などの基礎知識と社労士の役割

講師:野中健次氏 社会保険労務士法人 野中事務所 代表社員
株式会社日本M&Aセンター(東証一部:2127)顧問

(1)いま、なぜ社外取締役なのか?
(2)役員の法律上の地位と義務の基礎
(3)女性取締役へのニーズの高まり
(4)顧問社労士を社外取締役に選任することの可否
(5)内部通報制度における社外取締役と監査役の役割
(6)社外取締役の報酬

【第二部】 講演 14:30~15:15
社外取締役としての具体的な業務内容と社労士に期待される役割
~社外取締役から社内取締役へ 自身の経験から見た社外取締役という仕事と社労士の可能性

講師:池田直子氏 社会保険労務士事務所あおぞらコンサルティング 代表
株式会社王将フードサービス(東証1部:9936)取締役 社長補佐

社外取締役に就任したことで、社外から支援する社労士の立場とは違い、その企業の当事者となり、専門性を生かして経営に参画することになりました。そして、その後、社外取締役をきっかけに社内の取締役に就任し、専門性を生かして執行してきた業務内容とその面白さや難しさをお伝えします。また、現在は役員人事を担当していることから、社外取締役候補の選定方法などを企業側の立場から見た社外取締役についてもお話します。
(1)社労士が社外取締役に就任する意味と価値
私が社外取締役に就任した理由
(2)社外取締役をきっかけとした活躍の範囲
社外取締役時の実行支援
社内取締役への発展
・常務取締役・人事本部長
・人事・賃金・退職金制度の構築
・懲罰委員会の創設
・障碍者雇用における特例子会社の設立 など
(3)社外取締役候補の選定
社外取締役候補を選定する立場からみた人選基準

【第三部】 パネルディスカッション 15:30~16:30
経験者から聞く「社外役員」としての社労士の役割、将来性
~実際に就任して分かった企業支援の新たな形とその重要性

講師:
野中健次氏  社会保険労務士法人 野中事務所 代表社員
株式会社日本M&Aセンター(東証一部:2127)顧問
池田直子氏  社会保険労務士事務所あおぞらコンサルティング 代表
株式会社王将フードサービス(東証1部:9936) 取締役 社長補佐
郡司果林氏  社会保険労務士事務所 office role代表
株式会社きもと(東証1部:7908)前社外取締役
宇佐美理世氏 リソラ社会保険労務士法人 代表社員
株式会社秋川牧園(東証JASDAQ:1380)社外監査役
進行:
大津章敬   社会保険労務士法人名南経営 代表社員

社外役員を実際に経験されているみなさんのディスカッションを通じて、社外役員という仕事に社労士が携わる価値や実際についてお聞きしていきます。ご質問がある場合には、お申込み時に是非お聞かせください。
(1)実際に社外取締役に就任してみてどうでしたか?
(2)どのような経緯で社外役員に就任したのですか?
(3)実際の仕事の内容は?
(4)首都圏以外の社労士の社外取締役就任の可能性は?
(5)業務にあたって必要な知識や経験は? など

担当講師のご紹介

野中健次氏/池田直子氏/郡司果林氏/宇佐美理世氏

野中健次氏/池田直子氏/郡司果林氏/宇佐美理世氏

野中健次氏
社会保険労務士法人野中事務所 代表社員
株式会社野中ビジネスコンサルティング 代表取締役
一般社団法人東京事業主協会 代表理事
1965年生。特定社会保険労務士、証券外務員資格、M&Aシニアエキスパート。
青山学院大学卒業、同大学院法学研究科修士課程修了。
日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)、東京事業主協会(現一般社団法人東京事業主協会)を経て、1994年野中社会保険労務士事務所(現社会保険労務士法人野中事務所)を東京都渋谷区で開業。
著書に『M&Aの人事労務管理』(中央経済社)、『IPOの労務監査と企業実務』共著(中央経済社)等多数。日本M&Aセンター(東証一部:証券コード2127)顧問、マークラインズ顧問(東証一部:証券コード3901)、ベストセラーズ元執行役員。

池田直子氏
社会保険労務士事務所 あおぞらコンサルティング 所長
株式会社 王将フードサービス 取締役 社長補佐
大手損害保険会社勤務後、社会保険労務士、CFP等の資格を取得し、「いけだFP社会保険労務士事務所」を開所し、人事コンサルティング会社も設立。その後、より専門性を高めるために、2008年「あおぞらコンサルティング」を開所。2009年特定社会保険労務士登録。人事・賃金・退職金制度コンサルティングや労務相談、経営相談などの業務を多数手掛ける。中小企業庁、企業研究会、商工会議所などでの公演、新聞の連載や雑誌の執筆・監修も多数行っている。2015年3月非上場の顧問先企業の社外取締役就任、同6月、株式会社王将フードサービス社外取締役に就任。2016年6月、株式会社王将フードサービス常務取締役に就任。主な著書に「個人事業のはじめ方がすぐわかる本」(成美堂出版)、「FPの知恵袋」(ビーケイシー)、「『介護離職ゼロ』の職場のつくりかた」(翔泳社)などがある。

郡司果林氏
社会保険労務士事務所office role 代表
日本大学芸術学部卒業後、SEとして5年あまりシステム開発に従事。過酷な労働環境に疑問を持ったことをきっかけに社会保険労務士の資格を取得。その後10年あまりコンピュータハードメーカーのひとり人事として、メンタルヘルスケア対策、安全衛生管理体制の構築などに尽力した。人事担当者時代は勤怠管理と給与計算をクラウド化したことにより労務管理のコストを2/3以上削減することに成功。2014年に独立し、社会保険労務士事務所office roleを開設。その後労働基準監督署相談員、厚生労働省の職務評価コンサルタント等を経て、IT業界の労務管理支援や、クラウド導入支援等を行っている。2018年、2019年、株式会社きもと(東証1部:7908)社外取締役に就任。著書に「ITエンジニアの労務管理」(日本法令)がある。

宇佐美理世氏
リソラ社会保険労務士法人 代表/社会保険労務士
・山口県社会保険労務士会副会長/山口支部長
・山口商工会議所 1号議員・理財部会常任幹事
・公益財団法人21世紀職業財団ハラスメント防止コンサルタント/同財団客員講師
・山口県働き方改革アドバイザー
・株式会社秋川牧園(東証JASDAQ 証券コード:1380)社外監査役
(経歴)
三重県出身
大学卒業後 平成3年4月 新日本証券会社(現みずほ証券)入社
平成7年6月 同社退社
平成11年  社会保険労務士資格取得
平成15年  夫の転勤に伴い山口県へ
平成18年7月 山口市内にてうさみ労務経営事務所開業
平成31年4月 事務所を法人化。リソラ社会保険労務士法人設立。
同法人代表に就任。
令和元年6月 株式会社秋川牧園 社外監査役就任
現在、山口市内の事業所を中心に顧問先企業を持ち、人事労務管理の手続き代行、就業規則等の作成、労務管理アドバイス、社員研修等を行っている。セミナー講師実績多数(ハラスメント、創業支援、ワーク・ライフ・バランス等)

オンライン受講の内容
Zoomウェビナー(生配信)
2021年3月1日(月) 13:30~16:30


【参加証の発送】
 Zoomウェビナーの参加用URLは2021年2月25日(木)に、お申込み時に入力いただいたメールアドレスへお送りいたします
 25日の15時を過ぎても未着の際は、迷惑メールなど受信ボックス以外のメールフォルダをご確認後、事務局へお問い合わせください。

【見逃し配信】
 後日、Zoomウェビナーを録画したものを配信いたします。
 配信の準備ができましたら申込者へ外部配信システム(Vimeo)の視聴用のURLをお送りします。ウェビナーで使用した資料もPDFファイルでダウンロードしていただるよう用意いたします。
※視聴期限は2021年4月20日までとなります。

【Zoomの参加方法】
 Zoomウェビナーは、所要時間2分ほどで準備が完了する「Zoom」というサービスを利用したオンデマンドでのライブ配信セミナーとなります。ご参加いただく方にはZoomを事前にインストールをしていただく必要がございます。(スマホ・タブレット・PC対応、インストール・利用共に無料)
 以下にZoomのインストール方法と、当日の参加方法や注意事項を記載しておりますので必ずご確認ください。
 
>>Zoomウェビナーガイドブック<<


受講料(一般)
15,000円(税込16,500円)
 ※1事務所あたり、視聴は1端末までとなります。

LCGに加入するとこのセミナーにリーズナブルに参加できます

本セミナーの一般受講料は15,000円(税込16,500円)
 ※1事務所あたり、視聴は1端末までとなります。ですが、日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)会員には優待価格が 設定されており、リーズナブルにセミナーに参加することができます。

<参考価格> ※1端末あたり(税抜)
特別会員   無料
正会員    無料
準会員    9,000円

今すぐ以下のリンクをクリックして、LCGの案内をご請求ください。

https://lcgjapan.com/doc-request-form/

※お申込みの前日までに入会いただければ、会員優待価格が適用されます。
その他のセミナーについてはこちらをご覧ください。

お申込み方法と受講料のお支払いについて

LCG会員のみなさま

必ずLCG会員専用サイト(MyKomon内)でお申込みをお願いいたします。
下記よりお申込みいただいた場合、会員価格を適用できかねる場合がございますのでご了承ください。

一般でお申込みのみなさま

■お申し込みは2021年2月24日までとなります。

■キャンセルについて 本セミナーは見逃し配信(録画)があるため、キャンセル不可となります。
キャンセル規定についての詳細はコチラ

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社名南経営コンサルティング LCG事務局
名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋34階 
電話:052-589-2359

LCG会員様の
お申込み
一般の方の
お申込み